失敗しないアパート建築のため、注意するべきこと

アパート経営はメリットがたくさんあるので始めようと考えている人は多いようです。

しかし、すべての人が成功しているわけではなく、中には失敗してしまったという人もいます。

アパートを建築して失敗したということがないよう、どんな点に注意すれば良いのでしょう。

【事前リサーチを忘れずに】

アパート建築で多い失敗は、せっかく高い建築費をかけて建てたのに需要と合っていなかったため空室が目立ち、思うように家賃収入がないことです。

例えば学生が多い町にファミリー向けのアパートを建てたとか、庶民的なところなのに高級アパートを建ててしまったなどです。

需要のない間取りや設備、場所など借りたい人がいないアパートを建てたら空室になるのは当然です。

アパートを建てる前には、周辺環境をリサーチし、どんなアパートが合っているかを調べましょう。

【家賃相場も把握すること】

アパート建築では、建物の建築費などのコスト面ばかりを気にしてしまいがちですが、建てるエリアでの家賃相場も把握しておくことが大切です。

周辺のアパートの家賃を調べてみると、だいたい上限価格がわかってきます。

新築だからそれよりも高く設定しても良いだろうと高く設定したら、入居者が全く集まらなかったということがあります。

空室ができないようにするには、周辺の家賃相場を調べ、その家賃収入で賄えるアパートを建築しましょう。

◎お役立ちサイト・・・アニメの舞台? あの街の家賃相場を調べてみた【老舗アニメ編】

【費用のかけすぎは良くない】

資金に余裕があるからと、豪華な設備にしたりかっこ良さばかりを追求したアパートは、失敗する危険があります。

周辺とバランスの取れたアパートを建てることが成功への道と言えます。