アパート建築のメリットはどんなものか

最近は、アパートを建てて経営する人が増えています。

空いた土地をそのままにしておくよりも、アパートを建てれば家賃収入が得られるからです。

アパートを建てるメリットはどんなことがあるのでしょう。

【アパート経営が人気の理由】

アパート経営が人気なのは、老後の生活資金になることが大きいです。

年金もどうなるかわからないですから、アパートを建てておいて家賃収入を得ようと考えるのです。

仕事を定年退職した後も、家賃が定期的に入ってくるのは安心感がありますよね。

でも、建築費など莫大なお金がかかるのに、お金はどうするの?と思っている人も多いでしょう。

自己資金で建築費などを賄える人は少なく、ほとんどがアパートローンを使っています。

家賃収入がきちんとあれば返済はできるからです。

【生命保険代わりに?】

アパート経営が生命保険代わりになると言われています。

これはアパートローンを組む時に団体信用生命保険に加入し、もし本人に万が一のことがあっても残債を家族や保証人に残すことはありません。

さらにアパートはそのまま残せますので、遺族は収益が得られます。

これが生命保険代わりになると言われている理由です。

【節税にもなる】

空いた土地にアパートを建てておけば、更地よりも土地の評価額が軽減されます。

そのため、相続税が節税することもできるのです。

このように、アパート建築にはメリットがたくさんあります。

空いた土地をどのように使おうか考えているなら、アパート経営も視野に入れてみてはいかがでしょう。