4Cのうちの一つカラーについて

ダイヤの4Cの中の、カラーについてまとめてみました。

ダイヤに色が付いているの?と思うかもしれませんが、ダイヤには完全な無色から黄色がかった色がついているもの、ピンクなどのカラーダイヤもあります。

鑑定書のカラーの欄を見てみましょう。

《ダイヤには色がある?》

ダイヤというと無色透明に見えますよね。

ダイヤには完全な無色もあれば、自然の薄い黄色がついているものがあります。

しかしこれは私たちが肉眼で見てもほとんどわかりません。

専門の鑑定士が見てわかるものなのです。

ダイヤは無色に近いものほど光がスムーズに通り、虹色に輝くので希少価値があります。

また、天然ダイヤでピンク色のものがありますが、これは本当に希少価値が高く、あまり出回っていません。

《カラーグレードについて》

ダイヤの鑑定書のカラーの欄に、グレードが示されています。

アルファベットのDから順番にZまであり、D、E、Fであればほぼ無色、それ以降になるとだんだんと黄色に近づいていきます。

D~Fが一番人気が高いもので、婚約指輪に選ばれるグレードです。

ただし、このカラーについては好みもあって、外国では黄色がかった方が人気となっているところもあるようです。

《色の判断は難しい》

ダイヤのカラーの鑑定については、熟練した鑑定士でもかなり難しいと言われていて、カラーグレードの違いをすぐに判別するのは難しいようです。

信頼できる鑑定機関で鑑定されたダイヤであれば大丈夫でしょうが、あまり知られていないところが発行した鑑定書だと再鑑定してもらう方が良いかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。