見積もりの比較はどのように行えばよい?

アパートの建築費をいくつかの業者から見積もりをもらったけれど、どれくらいの金額が妥当なのかわからないものです。

アパートの建築費用を総額で比較するのはあまり意味が無いと言われています。

では、どうして比較すれば良いのでしょう。

【坪単価でチェック】

アパートの建築費を比較するのによく使われているのは坪単価で比べることです。

インターネットで相場金額としてよく挙がっているのは、1坪40万円くらいから60万円くらいです。

1室30平米だとすると、1坪は3.31平米なので1室あたり362万円から543万円くらいになると考えれば良いでしょう。

この金額を出しておくと、出された見積もり金額が高いのか安いのか判断することができます。

【坪単価で考える時の注意】

坪単価で相場よりも安いとわかっても、これだけですぐに決めるのはあまり良くありません。

アパートの建築費が安くできたら利回りは良くなります。

しかし、坪単価を下げるために安価な建材を使ったり、設備が充実していないと入居者が集まらず、利益が上がらないのです。

【需要のあるアパートになっているか?】

入居者を集めるためには、需要のあるアパートになっているかどうかが重要です。

周辺の賃貸物件を見て人気がある間取りかどうか、住み心地が良いかどうか、セキュリティは整っているかなど、住む人が望む設備を揃えていないといけません。

これらのことを考えた上で坪単価が安いアパートを建てるのがアパート経営成功のポイントと言えるでしょう。