4Cのうち一つカラットについて

ダイヤの4Cのうちの、カラットについて詳しく見ていきましょう。

カラットというのは鑑定書にも記載されているもので、この言葉は多くの人が聞いたことがあるのではないでしょうか。

通販などで紹介されるダイヤのジュエリーも、〇〇カラット!と大々的に紹介されているのでわかりますね。

《石の大きさではない》

よく、1カラットの大粒ダイヤという表現がされているのでカラットというのは石の大きさと思われていますが、実は重量のことを言います。

1カラットは0.2グラムと決まっています。

当然、カラット数が大きくなると重くなるだけでなくダイヤも大きくなるので大きさと思っていても間違いではありません。

《重いほど高価》

ダイヤはカラット数が大きくなるほど値段も高くなります。

また、ダイヤは大きな石が少ないので、カラット数が増すと1カラットあたりの価格も上がるのです。

例えば5カラットのダイヤ1個と1カラットのダイヤ5個とを比べると、5カラットのダイヤの方がかなり高価になるということです。

《おすすめのカラット数は》

ダイヤは大きければ大きいほど良いという人もいますが、私たちが婚約指輪などで付けるのにおすすめなのが0.3カラットから0.5カラットだと言われています。

カラット数が上がると高くなるのも理由ですが、指に合う大きさや使い勝手、金額的にもそれくらいが一番ぴったりなのです。

婚約指輪でもらったダイヤは何カラットですか。

この機会に鑑定書を確認してみてくださいね。

コメントは受け付けていません。